猫とワタシ

極北 私がいなくても、あなたがいれば

本と音楽、小説のブログです

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するこの世にはそんな素敵なこともあるのだ ~「ザ・ベスト・オブ・ベ二ー・シングス」

音楽

 「ザ・ベスト・オブ・ベ二ー・シングス」のライナーノートの一節。書いたのは、中村智昭さん。Bar musicというバーを経営している(らしい)。
 ある夜、来日したベニー・シングスが中村さんの店を訪れる。自分の好きなアーティスト名を告げる。「お互いに驚いたのは、求めるアルバムが、ことごとくその場の手の届く範囲にあることだった」
 「音楽の捉え方というのはさまざまで、当然個々の趣味嗜好はまったく異なるものだということ」と中村さんは書いている。

 それでも、ときとして趣味嗜好が同じである人間たちが出会うという奇蹟が起こる。

 この世にはそんな素敵なこともあるのだ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。