猫とワタシ

アラフォー女子の厄災

本と音楽、小説のブログです

この記事のみを表示する吉行淳之介

読書

 実家に帰ると、本棚を眺める。
 いちばん多く文庫本をもっている作家は、と見回すと、吉行淳之介だった。
 書棚の一段がいっぱいで、横置にしてある。

 娼婦ものが多いが、独自の文体を持つ作家だと思う。


吉行淳之助


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)