猫とワタシ

アラフォー女子の厄災

本と音楽、小説のブログです

この記事のみを表示するジェーン・スー

読書

 ブックオフに行った。

 外国人作家の棚に、ジェーン・スーの本があった。

 気持はわかりますが、残念ながら、ジェーン・スーは、外国人作家ではありません。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)