猫とワタシ

極北 私がいなくても、あなたがいれば

本と音楽、小説のブログです

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するおれたち、最高

読書

 フェスに行って思うことは、自分の関心がない出演者の場合は、寝そべっていたり、本を読んでいたり、仲間と雑談をしている観客が多いことだ。
 自分は知らないが、いいバンドを捜そうという観客は、それほど多くはいない気がする(ちがっていたら、ごめんなさい)。
 夜6時。フェスのステージがピークに向かいかけるころ、若い男四人ががっつりと肩を抱き合っていた。
 ちゃらい感じの男たちではない。音楽が好きそうな若者だ。
 肩を震わせて泣いている感じだった。
 隣にいた奥さんに聞くと、さきほどまで、彼女の隣にいた女の子2人組をナンパしていたという。
 そして、ふられた。
 それで、男たちが肩をがっつり組んで、泣いていたようだ。
 「おれたち、最高だよな」
 「お~!!」
 そんな声が聞こえてきそうだった。
 青春だなぁ。
 小雨が降ってきて、若い男たちは、いつの間にか、いなくなった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。