猫とワタシ

極北 私がいなくても、あなたがいれば

本と音楽、小説のブログです

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する宇多田ヒカルがかかりまくっている。でも、好きだ

読書

 ひさしぶりに晴れた日曜日。

 ランチをしに,Sと池袋へ。牛かつ「いろは」の予定だったが、超行列ができている。地下1階に店があるのだが、行列が2階までつづいていて、ぐるりとまわって、道路まで出ている。

 速攻で、あきらめる(あきらめが早いのだ)。

 ラーメンにしようかと思うが、東池袋は、ラーメン激戦区である。

 好きなラーメン屋が多数ある。しかしながら、お昼どき、どこも行列をしている。

 Sとさまよって、東池袋のはずれにある?屋六感堂に行く。自家製麺にこだわり、化学調味料を一切使用していない、を売りにしているラーメン店である。

 ユーグレラ(ミドリムシ)配合したグルーン麺を出す。

 テレビの食レポで、乃木坂の高山一実さんがきた、と店の前の看板に出ていた。

 幸いにして、席があいている。店内は緑色で統一されている。

 ナプキンまで緑色である。店内に書架があって,ラーメンの雑誌に交じって,食レポ関係か、乃木坂の高山一実さんの写真集が置いてあった。

 食後,西武デパート地下1階にある三省堂へ。

 西武の地下は、山野楽器があり、宇多田ヒカルのニューアルバム「Fantome」がリピートで流れている。しつこいくらい。でも、好きである。

 「3月のライオン」12巻を購入。西尾維新コラボ小説付き特装版のほうを。やっぱりこっちを買っちゃいます。

 三省堂で,「誰本」をやっていた。本を買うと、くれるらしい。それももらう。

 誰本とは、発売前の小説を読んで、誰が書いたか当ててください、という企画である。10回目だという。

 よし、当ててやる!!と思って、気合を入れて読む。

 成瀬啓介がその奇妙な女性たちと遭遇したのは、桜の花もすっかり散ったとある四月の夜のこと。場所はJR荻窪駅の南側に延びる商店街。

 体言止めを多用している。ユーモアミステリ。なんとなく、このひとかな、と思った。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。