猫とワタシ

極北 私がいなくても、あなたがいれば

本と音楽、小説のブログです

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する父親は敬語。子供は、タメ口

そのほか

 サーティワンに行った。行列ができていたので、待っていた。

「アイス、食べたい」

 こどもの声がした。

 振り返ると、ジャンバーを着た、30代の父親らしいひとと、こどもがふたりいた。

「そうですか。アイス、食べたいですか」

 父親らしきひとがいった。

「アイス、食べる」

 こどもがいった。

「わかりました。それでは、食べましょうね」

「うん!」

「ここに並びましょう」

「うん!」

 こどもは、終始、父親に対し、タメ口だった。

 父親は、敬語だ。

 あれ。父親って、こどもに敬語を使ったっけ?

 こどものいないMは、異常なような気もしたが、よくわからなくなっていった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。