猫とワタシ

極北 私がいなくても、あなたがいれば

本と音楽、小説のブログです

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する公共図書館のリサイクル本

読書

 公共図書館のリサイクル本である。

 入手したかった古本が無料で手に入る!

 こんなにすばらしいことはない。

 ただ、最近、全集のリサイクル本を見た。代表作以外、一般の人には、読まれないような作家である。

 ちなみに、高村光太郎である。

 評論の巻が、歯抜けで、数冊(誰かが持って帰ったのだろう)。

 全集は、厚い。重い。そして、場所を取る。

 研究者以外には、好んで読まれない。

 だから、リサイクルに出されたのだろうが、全集は、貴重な資料である。

 通常、発行部数が僅少で、個人蔵には向かない(と思う)。

 未来の研究者のために、図書館には全巻揃いで、あってほしい。たとえ30年に一度しか読まれなくても、と、私は思う。

 高村光太郎なら、持って帰って、長い時間をかけて読みたい気もしたが、置く場所の確保が難しい。

 断念したのだった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。